医療事務の仕事の内容

医療事務ってこんな仕事です

医療の現場で医師の仕事とともに大切な業務がたくさんあり、医療機関は医療事務・メディカルクラークの存在がなければ運営ができません。

患者さんの対応から、受付・会計業務。国や健康保険組合に提出する請求書=レセプト(診療報酬明細書)の作成から請求などさまざまな役割があります。

いろいろな人との触れ合いがあり、また医療現場で働くスタッフとしての責任も重く、やりがいのある仕事だと実感できるでしょう。

@ 受付業務

病院で患者さんをまず受け入れるのが「受付業務」です。

保険証の受け渡し、受診経路のご案内やカルテの準備などを行います。

「病院の窓口」「病院の顔」といったコンシェルジュ業務ですので、相応のマナーや知識を必要とされます。

受付の対応で病院が評価されることが多いので、重要なポジションとなっています。

A 会計業務

患者さんから、直接支払いを受けるのが会計業務です。

ミスの許されない責任の大きな仕事。病院経理のかなめといえるでしょう。

これらの会計業務は、レセプト業務と並んで、医療事務スタッフならではの専門知識を発揮する仕事となっています。

慣れないうちは細かくて大変ですが、プロとしてやりがいのある仕事です。

B 診療報酬請求業務

国や健康保険組合に提出する請求書、いわゆる「レセプト(診療報酬明細書)」を発行・請求する仕事です。

レセプトは患者さん一人の1ヵ月分の診療内容を点数に置き換えたもので、専門知識をフルに活用します。

この仕事は、毎月の月末・月初めに集中して行われるので集中して作業を行うことになるので、専門的にやっている方もいらっしゃいます。

C オペレータ業務

診療や投薬、患者さん自身の情報を、カルテや処方箋から読み取ってコンピュータに入力する仕事です。

この仕事もミスは許されないので、責任のあるやりがいのある仕事となっています。

今の医療機関はほとんどがパソコンを導入しているので、タイピングなどの技術も必要になります。

なにより、正確性とスピードが求められるお仕事です。

D 病棟クラーク

メディカルクラークともいい、入院患者さんの診察内容のコンピュータ入力、入退院時の手続きなど第一線の医療現場をサポートする役割のお仕事です。

ナースステーションにおいて、看護師さんの事務作業のサポートも行ったりします。

具体的な業務内容は、電話応対 ・カルテ管理・整理・検査データ処理・フィルム管理 ・診断書など文書類の授受や確認 ・入院案内,患者さんやその家族対応,ドクターやナースのサポートなどの業務を行います。

将来性・安定性のある医療事務の資格

このように、医療機関において医療事務のお仕事はさまざまな責任のある仕事を任せられます。

それほど、医療事務のお仕事は医療機関にとって重要なポジションを占めているといえます。

国民の医療費は増大する一方で、医療機関が事務作業を委託化する割合もどんどん増えているのが現状です。

医療事務の資格はこのように、将来性もあり安定したお仕事につけるキップを手に入れることができます。

講座の資料はひとつでなくいくつかとって検討しましょう

就職まで考えるのなら、ニチイの医療事務講座がおすすめの講座のひとつです。

しかし講座の受講料は67,250円(税込)から最大91,980円(税込)と高額な投資になります。

そこで、まずは他社の講座の資料と比べて検討してみるのも大切なことです。

他に医療事務講座を開設している代表的なところは「ヒューマンアカデミー」や「ユーキャン」などがあります。

他社の講座の方では教室がもっと便利なところにあったり、価格が安かったりといろいろと比べてみる対象があります。

こうした資料は一括資料請求ができるサイトだと無料で数社の資料がとれるので非常に便利です。

例えば「シカトル」は年間10万人もの人が資料請求で利用しているので安心して資料を取り寄せることができます。






ニチイの医療事務講座〜あまり知られていない大きなメリットメニュー