教育訓練給付制度を利用して受講料が戻る!

資格をとるにはお金がかかります。

ニチイで医療事務の資格をとろうと決心したものの、受講料の捻出が難しいからと断念する人もいるかと思います。

こんなときに最大に利用したいのが国が受講料を補助してくれる教育訓練給付制度です。

これは厚生労働省が指定した講座を受講して、指定の条件をクリアすると支払った受講料の最大20%が戻ってくる制度のことです。

もし、受給できる資格があるなら最大限に利用して受講料を安くしてみましょう。

教育訓練給付制度の対象となる人

会社または派遣会社に勤めていて、3年以上雇用保険を払ったことが最低条件となります。

途中で退職や転職などでブランクがあっても中断期間や離職期間が1年以内であれば受給対象者となります。

ただし、その条件を満たしていると同時に雇用保険の支払い期間が3年以上あることが前提となりますので注意が必要です。

とてもお得で使わなきゃソンという便利な制度ですが、1度利用すると3年たたないと次は利用することができません。

どんな講座が対象となっているのでしょうか?

仕事に役立つ資格や技術が取得できる講座が指定されていますが、初心者向けや基礎レベルの講座は該当しないことが多いです。

毎年、春と秋に見直しが行われており自分の受講したい講座が該当しないこともあります。

もちろん、ニチイの医療事務講座は指定講座となっていますので、対象となる人は多いに利用しましょう。

必ず、受講したい教室や学校側の資料を確かめたり、直接電話やメールで問い合わせるなど確認が必ず必要です。

また、同じスクール内の講座でも講座ごとに指定されるので、すべてが指定というわけではないので注意してください。

例) ニチイの医療事務資格講座は指定されていますが 、ニチイの医療事務医科コンピュータセットの場合は指定講座ではありません。

申し込みの手続きはどうするの?

いったんは自分ですべての受講料を支払います。

受講修了の翌日から1ヶ月以内にハローワークにて支給申請手続きを行います。

手続きに必要な書類は以下の5つとなります。

@ 教育訓練給付金支給申請書 ・・・ ニチイから届きます

A 教育訓練修了証明書 ・・・ ニチイから届きます

B 受講料などの領収書 ・・・ ニチイから届きます

C 本人住所確認書類 ・・・ 住民票や印鑑登録証など

D 雇用保険被保険者証 ・・・ 勤め先の会社から発行してもらいます。

いくら戻ってくるの?

学校に支払った受講料などの20%が戻ってきます。

ただし、金額の上限は10万円となっており、10万円以上お金が戻ってくることはありません。

参考までに、4,000円を超えない講座ではお金が戻ってくることはありません。

例えばニチイの医療事務資格講座の通学制だと、料金が通常 91,980円(税込み)となっており、この20% 18,396円が戻ってきます。

あと、注意が必要なのが一定の出席率、試験の合否などクリアする条件などもありますので、必ず請求した資料をよく確認するようにしましょう。

その他の割引き制度

教育訓練給付制度を利用すると、支払う受講料の20%が戻ってくるお得な制度というのがわかったと思います。

それから、ニチイではあわせて「紹介割引き制度」、「学生割引制度」、「受講経験割引制度」、「グループ割引制度」というオリジナルの割引き制度もあります。

これらのオリジナル割引き制度と併用することでさらに受講料を安くおさえることができます。

こうした割引きの詳しい内容は資料に詳しく掲載されています。まずは資料をよく読んで確認しましょう。

ニチイの医療事務講座〜あまり知られていない大きなメリットメニュー